仕事も順調で、常に恋人もいる生活を送った30代でした。

何より当時は「子供は欲しくない」と思っていたので、
結婚という形に拘る必要が無かったというのが正直なところです。
ところが、
40歳を目の前にしたころから、街で見かける
子供や赤ちゃんに目がいくようになっていることに気づきました。
子供はいらないんじゃなかったの?
そう自問自答する自分に
「子供を持つなら今がリミットではないのか」という
心の声が聞こえました。それはまさに自分の中のDNAの最後の叫びだったのかと
驚きながらも、「行動を起こさなくちゃ」と考えました。

当時付き合っていたのは年下のバツイチの男性で、
久しぶりの独身生活を謳歌しているところだったので、
「今すぐ結婚なんてありえない。まして子供を持つなんて」
という人でした。
「子供を持つ」という決意をした私には、
そこで時間を持て余すことは考えられないと、
一大決心をしてその彼と別れました。

次に考えたのは、
「結婚したい。すぐに子供が欲しいと思う人と最短で出会う方法」でした。
合コンに行くよりも、街婚にいくよりも、知り合いに紹介を頼むより
早くて無駄のない方法・・・。
それは私にとって「結婚相談所に入会して成婚を目指す」ということでした。

さっそくいくつかの相談所にアポを取り、
その中で一番面倒見がよさそうな
小規模な個人の結婚相談所に登録をしました。

「40歳という年齢で子供が欲しいという女性を望んでくれる男性」
は、自分の理想を追うより、相手からの申し込みの中から選ぼうと
考えて、3人とお見合いをしました。

そのうちの一人の方と(私的には)普通に恋愛をし、そして結婚を決めました。
年齢的に難しいかと思われた子宝にも間もなく恵まれました。

世の中には「結婚相談所で出会ったなんて」という人もいますが、
わたしはきっかけがなんだったにせよ、
その後恋愛をして結婚したという事実に変わりはないし、
自分の目指した「最短の方法」で結婚することが出来たので
とても満足しています。