結婚相談所でよくある話ですが、
「自分の理想とする年収を持った男性に、なかなか巡り合えない」
あるいは「他の条件はクリアしていても、年収だけが低すぎたので候補から外した男性が数多くいる。」
そういう女性の密かな苦情をよく耳にします。

確かに、結婚という人生一大イベント、
またその後の自分の人生を左右する大きな要因になるのですから、
結婚相手の年収に重要ポイントを置くことは自然な流れでもあります。

ただ、あまりに「年収」という枠組みにとらわれ過ぎてしまい、
焦燥感ばかりを感じてストレスをためてしまうのもいかがなものでしょうか。

年収と言うのは、確かに相手の経済的な特徴を示す部分です。
ですが、それは今現在のステータスでしかないのであって、
それが将来的にどう変わって来るかを予測すると言うのも、大切な視点です。
例えば、職人さんなどは若いうちは、会社員に比較すればどうしても年収・収入は少な目に見られてしまいます。
ですがそれは将来への堅い投資期間なのであって、
この年収だけでその人個人を判断してしまうのはとても勿体ないことではないでしょうか。

また、年収が多いからと言って、必ずしも経済感覚にすぐれているという証拠にはなりません。
面白いことに、結婚相談所・お見合いパーティーで「年収額」はよく条件に出ますが、
「貯金額」に触れることはまずありません。
高年収を得ていても、貯金額がゼロに近いと言うのは、経済的にはとても危険な状態です。

こういった部分をも視野に入れ、「年収」はあくまで結婚相手の一要素として観察できるくらいの余裕をもって、
結婚活動を進めていきたいものです。