当時26歳の私は仕事に熱中する余り、結婚など考えてもいませんでした。
3人姉妹の真ん中として産まれてきた私ですが、
姉、妹が同じ時期に結婚することが決まり、
私は急に取り残されてしまいました。
結婚を考えている相手もいなかったのですが、
家庭的なことが一切出来ない私に親も半ばあきらめを感じていました。
今の状況では結婚などできないと危機感を感じた私に姉が結婚相談所をすすめてきました。
そんな所にまで行きたくないと最初は渋っていたのですが、
無料の面談に行き、「これなら私にも結婚のチャンスが訪れるかもしれない」
と即、入会を決めました。
変われると感じたきっかけは、相談所のカウンセラーさんとのやり取りでした。
カウンセラーさんとのやり取りで、「出来ないなら出来るようになればよい」
と考えを改め、お料理を習いに行くことにしました。
相談所の会費にお料理教室、と費用は掛かりましたが、
自分の成長の為に…幸せな未来の為に…と考えたらそれは未来への投資です。
真面目に通った甲斐があり、得意分野に「料理」が加わり、
自分に自信が持てるようになりました。
相談所のプロフィールに「料理」の文字が書かれ、
男性が少しずつ集まってくるようになりました。
何回かお見合いを重ねましたが、男性は基本的に家庭的な女性を好むことが分かりました。
入会して半年が経った頃、運命の男性と出会い、そのまま結婚することになりました。
現在は新婚生活を楽しんでいますが「家庭的な嫁で嬉しい」と夫から褒められることが多いです。
未来への自分に投資をしたお陰だと痛感しています。